ご希望の消防署情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
消防署
トップページへ戻る
トップページへ戻る

消防署情報

消防本部への119番通報と
災害救急情報センター



ここでは、119番通報と災害救助情報センターについて説明します。

消防本部につながる非常時の通報

消防本部につながる非常時の通報

火災や救急時に利用する「119番」は、正式には緊急通報専用電話番号といいます。

最近は家庭の固定電話や公衆電話が少なくなり、携帯電話やスマートフォンからの通報が急増しています。通報者にとっては現場から即座に通報できる、また消防本部にとってもGPS機能が付いていれば通報者の位置をすぐに確認できるなどのメリットがあります。

例えば東京消防庁管内では、23区内から通報すると大手町の東京消防庁消防本部内にある災害救急情報センターに、多摩地区では立川市にある多摩災害救急情報センターにつながります。その他の道府県では、消防本部通信指令室や消防指令センターなど名称が異なりますが、消防本部に第一報が入る基本のシステムに変わりはありません。

最新の通信設備で緊急時に対応

最新の通信設備で緊急時に対応

消防本部に連絡が入ると、通信係員が通報の内容を迅速に確認します。火災か救急のどちらかを尋ねて、現場の住所を聞き状況を把握します。正確な情報が伝わらないと出火元や状況が特定できず、出動する消防隊の規模も、現場に最も近い消防署の選定もできないからです。

世の中の通信システムが急速に発展する中で、消防の通信機能も大きく進化を遂げてきました。現在はコンピューター管理が全国的に行き渡り、通報を受けた指令室には管内の消防署の位置を示すモニターが設けられ、GPS機能により現場への至近距離にある署へ即座に連絡が入るしくみになっています。

また、移動中の消防車や救急車にはAVM(車両動態管理システム)やナビゲーション機能のあるGPSシステムが搭載され、現場の情報と現場までの最短ルートなどが素早く伝えられています。

自動的に通報するシステムの活用

自動的に通報するシステムの活用

よりスピーディな消防活動は発見者の通報にかかっていますが、その一方で医療関連の施設、公共の施設、休日・夜間に無人となるビルや店舗などを対象に、登録制の自動通報制度が普及しています。これは文字通り緊急時に異常を感知して、自動的に119番通報するシステムです。

これには6種類あります。まず3つは、病院や福祉施設、常駐者がいない建物などに取り入れられている、自動火災報知器設備が作動して自動通報する「有人直接通報」や「無人直接通報」「即時通報」です。

あとの3つは、高齢者や肢体不自由者の住まいの火災発生時に住宅用火災警報器が感知して専用通報機から自動通報する「火災安全システム」、救急にかかわる緊急時に本人または家族などが専用のペンダントを押すと自動通報する「緊急即時通報」や「緊急通報システム」です。