ご希望の消防署情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
消防署
トップページへ戻る
トップページへ戻る

消防署情報

消防官に必要な資格



消防自動車や救急自動車を運転するには、車両や積載機材の機能を十分に理解し、たくみに使いこなす技術が求められます。そのために消防庁が行なう講習を受けて認定された消防官は「機関員」と呼ばれます。

消防車両を操る機関員をめざして

消防車両を操る機関員をめざして

消防には、ポンプ車やはしご車などの消防車や救急車などの車両が必要不可欠です。車両の運転を任される機関員になるには資格が必要となります。

その資格とは、まず運転免許証の交付を受けていることが挙げられます。どの緊急自動車を運転するかによっても異なりますが、普通車の緊急自動車の場合は普通免許が、中型緊急自動車の場合は中型免許が、大型緊急自動車の場合は大型免許が、それぞれ必要になってきます。

しかし、この免許だけでは機関員にはなれません。消防車や救急車の場合、その車両を使って消防活動を行なわなければならないため、運転能力に加えて高度な運用能力が求められます。

そこで、機関員の認定を受けようとする消防士は、車両や機械器具の操作を熟知するための養成講習受講が必要なのです。この講習には受講資格が細かく定められています。例えば神奈川県逗子市の場合なら車両のタイプごとに「普通免許、中型免許または大型免許を取得してから2年以上の者で、消防学校の初任教育を修了している者」、「中型免許または大型免許を所持し、普通緊急自動車機関員の資格を有する者」、「大型免許を所持し、普通緊急自動車機関員の資格を有する者」など、受講の資格が決められています。

航空隊ヘリの操縦に必要な事業用操縦士技能証明

航空隊ヘリの操縦に必要な事業用操縦士技能証明

消防には、ヘリコプターによって上空から消防情報活動、消防・救助活動、救急活動を行なう「航空隊」(消防本部によっては「航空課」)があります。

この隊に所属する消防士もまた、担当業務に合わせてそれぞれ資格を持っています。例えばパイロットは、消防学校を卒業して消防署に勤務し、消防や救急現場の経験を持つ消防士の中から、適性試験に合格した者だけが操縦士候補生として航空隊に配属になります。そして数年の操縦士教育を受けたのち、事業用操縦士の免許を取得します。

また、航空隊には整備士も所属しますが、こちらもやはりパイロットと同様にベテランの消防士が一等航空整備士の資格を取得して業務に就きます。

このほか、救急隊員の中でも救急救命のプロフェッショナルとされる「救急救命士」は、消防学校および厚生省が指定する学校において、定められている時間の教育を受けなくてはなりません。その上で、厚生省が実施する国家試験に合格した者だけが、その資格を持つことができます。