ご希望の消防署情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
消防署
トップページへ戻る
トップページへ戻る

消防署情報

消防の先陣を切るポンプ車



ここでは、火災時に必ず出動するポンプ車について説明します。

火災の種類や規模を問わず活躍

火災の種類や規模を問わず活躍

火災にはたくさんの種類があります。住宅や小さな建物などの一般建築火災、4階以上のビルなどの中高層火災、大型スーパーや工場などの大規模建築火災、油やガスなどの危険物火災、林野火災などさまざまです。火災にあたってはそれぞれの状況に応じて、はしご車や救急工作車、化学消防車など、各種消防車両がチームを組んで出動します。

火災の際、どんな場合でも出動するのがポンプ車です。ポンプ車とは、消火のための水を汲み上げる車両のことです。一般的には、毎分2,000リットル以上の水を地上30mの高さまで放出できる高圧ポンプを内蔵し、さらに1台につき1本が20mもあるホースを最低10本以上搭載して、消火栓や防火水槽の水を汲み上げて消火にあたります。

一口にポンプ車といっても種類はいろいろ

一口にポンプ車といっても種類はいろいろ

ポンプ車は、基本的には消火栓等の消防水利から水を汲み上げます。しかし、必ずしもそんな水利施設が近くにあるとは限りません。そこで、火災現場付近に水利施設がないとわかっている場合には、車体に1,000~2,000リットルの水を搭載した「水槽付きポンプ車」とペアで出動することがあります。建物密集地域などの火災で、延焼を防ぐためにも速やかに鎮火したいとき、水槽付きポンプ車があれば現場に着いてすぐ消火活動ができます。通常のポンプ車のみだと、ポンプ内の空気を抜いたり水を汲み上げたりするのに多少の時間がかかってしまうからです。

「小型動力ポンプ付き水槽車」(大型水槽車)と呼ばれる消防車両もあります。これは10t(ドラム缶約50本)の水を搭載できるため、高速道路での火災や山火事などで活躍します。消火栓が使えなかった阪神淡路大震災でも、大きな役割を果たしました。また、この車両は渇水時や、地震などでライフラインがストップした際、人々の生活に必要な水の供給に役立てられることもあります。

小規模な山火事や雑草火災などで活躍する「高圧ポンプ軽積載車」も、ポンプ車の一種です。100リットルの水と高圧ポンプを積載し、霧状に水を放出することで少量の水でも鎮火効果を高めることができます。このような特徴は火災現場周辺の水損防止にも役立ち、マンションなどの火災で威力を発揮します。

さらに、「小型動力ポンプ積載車」といって、文字通り小さな動力ポンプを載せた消防車が出動することもあります。車両自体もコンパクトなため、狭い道に入っていける点が大きなメリットです。主に消防団が使用していますが、山林など高低差の多い場所での火事や、平地でホースをたくさん繋げた際などに、ホースの筒先の水圧を保つため、一般的なポンプ車の中継役としても活躍しています。