ご希望の消防署情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
消防署
トップページへ戻る
トップページへ戻る

消防署情報

消防車両紹介
「現場で活躍する救助工作車」



救助工作車は、事故や災害などの現場で活躍するレスキュー隊の必需品。さまざまな現場に対応できるよう多くの救助資機材を積載し、助けを必要とする現場に駆け付けます。

救助のスペシャリストが乗車する消防自動車

救助のスペシャリストが乗車する消防自動車

全国の消防本部には、救助隊と呼ばれる部隊があります。この集団は、どんなに困難な現場にも駆け付ける救助のスペシャリストです。火災や交通事故など身近に起きる災害から、河川や山間部で起こる事故、自然災害、化学災害などの特殊な災害まで、あらゆる救助シーンに対応します。

その部隊が使用するのが、救助工作車です。この車両は、救助隊の通称「レスキュー隊」にちなんで「レスキュー車」と呼ばれたり、東京消防庁のように「救助車」と称するところもあります。

こうした救助工作車は、救助・救急を目的として活動します。したがって、どんな現場でも対応できるよう、ウインチ、照明装置、クレーンなど多数の救助資機材を積載しています。車体の大きさは多くの場合が中型トラックに匹敵するもので、バンパーが他の消防車両に比べて大きいのが特徴です。側面はシャッター仕様になっており、資機材の出し入れが容易にできるよう工夫されています。

救助工作車は大きく4つのタイプに分けられる

救助工作車は大きく4つのタイプに分けられる

現在、現場で活用されている救助工作車にはさまざまな種類がありますが、車両や装備する資機材によって、大きく以下の4つ(Ⅰ型~Ⅳ型)に分けられます。

Ⅰ型は、2~3トントラックをベースにした車両です。小型であるため、道路の幅が狭く車両の交通に不便な地域や険しい山道などがある消防署に配備されているのが一般的です。

Ⅱ型は、5~7トンクラスのトラックがベースになり、クレーンと照明装置を装備した車両が一般的です。もっとも多くの自治体で採用しているものですが、自治体によっては、ポンプを装備して消火が行なえるタイプもあります。また、地域の特性によっては、通常搭載している救助のための資機材のほかに、水難救助用の資機材を充実させているケースもあります。さらに、シングルキャブをもとに天井を高く座席を増やしてマイクロバスのように改造した車両もあり、導入する自治体が増えています。

Ⅲ型は、阪神・淡路大震災後にできた震災対応救助車両。Ⅱ型の車両をベースに、主な救助資機材のほか、現場の状況をモニターで即座に探査できる装置、地中の音で現場の様子を探査できる装置、夜間でも明るい画像をキャッチできる装置など、より高度な技術を必要とする救助活動に使われる資機材が搭載されています。現在は、東京都と政令指定都市の特別高度救助隊に配備されています。

Ⅳ型も同じく、阪神・淡路大震災後に登場した四輪駆動の震災用救助車両です。島しょ地域へ派遣する際、自衛隊所有のC-130型輸送機に搭載できるようコンパクトボディになっています