ご希望の消防署情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
消防署
トップページへ戻る
トップページへ戻る

消防署情報

消防車両紹介
「化学火災で活躍する化学消防車」



石油コンビナートや空港などの事故で発生する、特殊な火災に対応する消防車。泡消化剤や粉末消化剤をまく機能を搭載して活躍します。

放水では対処できない特殊な火災で活躍

放水では対処できない特殊な火災で活躍

水では消火できない特殊な火災があります。それは、油脂や化学物質火災で、水を掛けると逆に火の勢いが強くなってしまいます。化学消防車はそうした特殊な状況での火災に対応する車両で、石油コンビナートの火災、航空機事故など、ガソリン等危険物で起きる火災で活躍します。化学消防車には、水、泡消化剤や粉末消化剤、およびそれらを使って消火活動する際に必要な資機材が積載されています。水を載せているのは、泡消化剤の原液と混ぜ合わせて消火に用いるためです。

化学消防車は、通常は消防署に配備され、火災通報を受けて現場に駆け付けますが、石油備蓄基地や可燃性の高い航空燃料を扱う空港など、大きな被害が予測される場所に用いられています。また、自衛隊の航空基地、駐屯地飛行場の消防隊などには、空港用化学消防車が置かれています。公的施設だけでなく化学工業関連企業、自衛防災組織の設置を義務付けられている石油コンビナートなど、民間の施設に用意されていることもあります。

化学消防車にはさまざまなタイプがある

化学消防車にはさまざまなタイプがある

化学消防車は、水ポンプをはじめ、危険物火災の紹介に威力を発揮する泡原液を積み、車上で消火剤を作りながら消火にあたることができる点に大きな特徴があります。その一方で、泡混合装置や泡原液槽を搭載しているため計器類も多数になり複雑です。

現在採用されている化学消防車には、軽化学消防車と重化学消防車、そして大型化学消防車などがあります。

軽化学消防車は、約1,000リットル容量の水槽と約300リットル容量の泡原液槽を装備して、主に小規模な化学工場火災や交通事故の際にガソリンの引火で起こる火災などに対応します。

重化学消防車は、約1,300リットル容量の水槽と約1,200リットル容量の泡原液槽、大きな車両になると2,000リットル以上の水槽と1,600リットル以上の泡原液槽を搭載しており、大きめの規模の工場火災などで活躍します。

そして、主に石油コンビナートなど大規模な危険物火災に対応するために登場したのが大型化学消防車です。5,000リットルを超す容量の水を蓄えることができる水槽と約2,000リットルという大容量の泡原液槽を装備できます。大型化学消防車には2種類あり、大Ⅰ型は石油コンビナート火災に、大Ⅱ型は空港や航空機の火災に対応した性能を備えています。

また、高所放水車に泡剤を混ぜた水を供給することも可能です。さらに、化学消防車と高所放水車の機能を併せ持つ大型化学高所放水車と呼ばれる最新のタイプが登場しています。