ご希望の消防署情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
消防署
トップページへ戻る
トップページへ戻る

消防署情報

消防の現場「火災鑑定と法科学鑑定研究所」



火災原因の究明には、燃焼現象に関する基礎的な知識はもちろん、多岐にわたる理工分野での知識や技術が必要となります。それらに精通した専門家が集結して火災鑑定にあたる民間の研究所が「法科学鑑定研究所」です。

火災鑑定に求められること

火災鑑定に求められること

消防の火災調査では、まず出火原因を究明します。そうすることが今後の火災予防につながるからです。ただし当面の目的は、その火災が失火か放火か自然火なのかを明らかにすることにあります。そして、その結果に基づいて責任の所在をはっきりさせることにあるのです。ちなみに、こうした一連の動きを通して「火災鑑定」と呼ぶこともあります。

火災の発生は、人的要素や自然の要因などが複雑に絡んで引き金になっていると言ってもいでしょう。しかも現代では、技術の革新によってさまざまな新素材が使われたり、新しい仕様の製品が流通しています。一昔前ならガスや電気くらいだった動力源も、機器によって電気、ガス、灯油、アルコールなどと多岐にわたり、火元の特定が困難を極めることも少なくありません。また、建造物の構造、建築に使われる材料も次々と進化し新しいものが加わっているため、火災形態がより複雑になっていることも、鑑定を難しくしています。それでなくても火災現場では、物的証拠となるものが焼けてなくなってしまっていたり、証拠にかかわる品を消防活動中に知らず知らず破壊していたりすることも多いのです。

したがって、火災鑑定には燃焼に関する知識はもちろんのこと、電気や化学、機械、建設、構造など、さまざまな分野での経験と知識、そしてわずかな手がかりから火元を見極めるための分析技術が求められるのです。

その一方で、火災鑑定は物証面からアプローチするだけではなく、火災事件の関係者の行動などを検証し、調べなければなりません。なぜなら火災の発生には、直接的にしろ、間接的にしろ、人間がかかわっていることがほとんどだからです。

「法科学鑑定研究所」の火災鑑定織

「法科学」という言葉があります。その定義はさまざまありますが、元科警研副所長・瀬田季茂氏によると、「法科学とは、自然科学の理論と技術を、犯罪の捜査に適用し、裁判官が法定において、有罪か無罪かを裁定するために貢献する学問」となります。

分野は幅広く、医学、物理、化学、工学、心理学、行動科学などが含まれます。ほかにも、指紋、筆跡、音声、足跡、画像などの鑑定があり、これらが裁判に採用されることは多々あり、これが「法科学」という分野です。

この「法科学」を用いて火災鑑定を行なっている民間の団体が「法科学検定研究所」です。ここでは、火災鑑定はもちろん、燃えて炭化して原形をとどめないものを復元して分析したり、燃焼実験や画像による解析、コンピュータ・シミュレーションなどの手段で火災状況の再現を通して火災原因を究明しています。この団体が手掛ける鑑定の結果は、火災保険や損害保険の査定、裁判などに用いられているのです。