ご希望の消防署情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
消防署
トップページへ戻る
トップページへ戻る

消防署情報

消防対策「防火・防災訓練」



防災訓練の必要性は普段から叫ばれていますが、なぜ必要なのか、その効果はどこにあるのか、また、実際にはどんな訓練を行なえばいいのか……。 ここでは改めて、防災訓練の役割について見ていきます。

防災訓練の種類

防災訓練の種類

9月1日は、関東大震災が発生した日にちなんで「防災の日」と定められています。そして、この日を含む1週間は防災週間とされ、全国各地でさまざまな防災訓練が行なわれます。

昔から広く浸透しているのは、火災を想定した防災訓練です。学校や事業所などでは、初期消火を目的として消火器や屋内消火栓の使い方を教えたり、安全に避難するために避難経路の確認や避難誘導などの訓練が行なわれます。消防署では、石油コンビナートや超高層マンションの火災などを想定した大がかりな訓練も実施することがあります。この場合は、該当する地域に暮らす人々の避難訓練を兼ねて行なわれます。

阪神・淡路大震災や東日本大震災以降は、巨大地震を想定した訓練の必要性が声高に叫ばれるようになり、大規模な避難訓練や救助訓練などが行なわれるようになっています。

例えば、首都直下地震の発生が懸念される南関東では、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市が合同で行なう防災訓練の一環として、それぞれの都県市で総合防災訓練を実施します。

この訓練では、町内会や自治会、消防団による地域住民の救助訓練、小学校での避難訓練と集団下校が実施されます。そのほか警察や消防、自衛隊が連携して災害救助犬による被災者の捜索訓練を行ないます。さらに、家屋の下敷きになった人の救出・搬送訓練、ケガ人の応急手当てなどの救護訓練、炊き出し訓練、帰宅訓練なども行なわれます。

防災訓練の必要性と目的

実際に災害が発生した場合、国や地方公共団体などが一丸となり、市民と連携しながら対応しなければなりません。

防災訓練はいざというときに備えるものです。防災訓練を通じて平時からの組織体制の機能を確認することで、その実効性について検証することができます。また、地域の人々と防災に関わるすべての機関が力を合わせることにより、災害時の相互協力の大切さを実感できるというメリットがあります。さらに、防災訓練を行なうことで、防災計画などの弱点や課題などが発見でき、防災計画の改善を図ることができるのです。

個人レベルで言えば、各地で行なわれる防災訓練の様子を報道で知る、あるいは自分自身が実際に防災訓練に参加することで、平常時においても災害時においても「自分は何をすべきか」を考えるようになります。つまり、防災訓練は、私たち一人ひとりの防災に関する意識の高揚と知識の向上を図る絶好の機会になるのです。

そうすることで、災害に対して十分な準備を講じることができるようにもなります。だからこそ、身近で行なわれる避難訓練には積極的に参加することが大切なのです。