ご希望の消防署情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
消防署
トップページへ戻る
トップページへ戻る

消防署情報

消防対策「防火・防災のための情報管理」



災害の中には、地震のように突然襲ってくるものもあれば、台風のようにある程度予測できるものもあります。後者の場合は事前に情報をキャッチして早めの対策を取ることで、被害を最小限に抑えることができます。また、前者にしても、その後の情報に注意するだけで被害はずいぶんと違うもの。いずれにしても、情報を得ることがとても大事なことに変わりはありません。

事前に情報を得て災害に備える

事前に情報を得て災害に備える

災害が発生したとき、いち早く身の安全を確保して被害を最小限に抑えるためには、「情報」が非常に重要になってきます。防災といっても何を備えておけばいいのか、災害が起きたらどのような行動を取ればいいのか。事前に情報を得て整理しておくことで、いざというときに適切な行動を取ることがます。

情報を得る手段はいろいろあります。例えば、東京消防庁では『東京国際消防防災展』という催しを毎年秋に開催しています。ここでは火災予防、自然災害、都市災害、消防・救急通信システム、救急・救助、セキュリティーと安全、防火材料・防災製品・防火服など防災にかかわるサービス・製品・機器などが展示されています。このような場所に足を運べば、防災に関する情報を仕入れることができます。なお、同じような催しは全国各地で開催されています。

また、自分の住む場所が災害の危険に脅かされているかどうかを知っておくことも、事前情報をキャッチして災害に備えるという意味では非常に重要です。国土交通省・国土地理院では、さまざまなハザードマップを地図から一元的に検索、閲覧できる「ハザードマップポータルサイト」を全国の市区町村の協力のもとインターネットで運営しています。このサイトでは、洪水、内水、高潮、津波、土砂災害、火山噴火といった自然災害の危険地域を知ることができます。

リアルタイムの情報を活用する

台風や大雨など、ある程度の時期や規模が想定できる災害と異なり、地震はいつどこで発生するかわかりません。ただ昨今では、テレビやラジオ、携帯電話で「緊急地震速報」が届けられようになっています。それもまた有益な情報です。

速報を受け取ってから揺れが始まるまでの時間はわずかしかないため、意味がないという声も聞かれることがありますが、わずかの時間でもとっさの安全確保はできるものです。緊急地震速報を受信したら、周囲の状況を確認し安全な場所へ退避することです。

地震発生後も、情報の収集は欠かせません。テレビやラジオの正確な情報に基づいて確かな行動を取ることです。市区町村によっては有線放送などで災害情報をリアルタイムで流すところもあります。

また、最近は、防災情報を電子メールでパソコンや携帯電話に配信する地方自治体も増えています。無料ですから事前に登録しておくのもおすすめです。