ご希望の消防署情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
消防署
トップページへ戻る
トップページへ戻る

消防署情報

消防器具紹介「屋内・屋外消火栓」



建物の屋内外に設置された消火栓は、消火器による鎮火が難しい場所の初期消火に使ったり、消防隊の到着を待つ間に付近の住民が使ったりするものです。その使い方をぜひ覚えておくことが大切です。

屋外消火栓の目的と使い方

屋外消火栓の目的と使い方

消火栓とは、消火用水を水道管から給水するために設置された栓のこと。消火栓には公設のものと私設のものとがあり、公設のものには地下式と地上式の2種類があります。地下式はマンホール内に設けられたもので、道路上のフタを黄色いラインが囲い、消火栓がある位置をわかりやすく示されています。一方、地上式は一見すると消火器のような赤い立管が目印です。街路を歩いているときに見かけたことがあるはずです。ただし、小樽市では、赤色に加えて黄色と青色の屋外消火栓が唯一採用されています。

屋外消火栓は通常、消防隊が使用するもので、栓にホースを接続し、取り出した水は消防ポンプで加圧して火元まで導きます。ただ、消防隊の到着が遅れるような場合には、地元住民も利用できます。これを想定し、屋外消火栓の近くには赤い消火栓ボックスが設置されており、中にはホース、筒先、ハンドルが入っています。

消火栓を使うには、まず地下式ならハンドルを穴に差し込んでフタを開け、地上式なら黒いフタを左に回して外します。次に、いずれの場合も、そのハンドルを栓に差し込みます。そして、ホースを伸ばして片方の端は栓口に、もう一方は筒先に結合させます。この状態で、ひとりはホースに付けた筒先を持って構え、もうひとりは消火栓のハンドルを持ってスタンバイするのです。そして「放水始め」の合図に合わせて、ハンドルを左方向にいっぱいに回して、止まったら栓を開けます。

このような屋外消火栓は、住民も利用できる便利なものですが、ひとりでは扱えないので注意しなければなりません。また、消火栓の開閉は必ずゆっくり行なうことがポイントです。水を止めるときには水道管が破裂することもあるため、使用後の処置は駆け付けた消防隊員に任せたほうがいいでしょう。

消火器での消火が困難な場合に備える

屋内にも消火栓がありますが、こちらは私設のものです。消防法によって定められた建物内にのみ設置されています。これは、消火器では火を消すのが困難な階段付近の消火を目的としたもので、通常は壁面に取り付けておきます。ただし、建物の構造や用途によっては天井内に取り付けることも認められています。いずれにしても各階にある出入り口や階段の近くなどが適切な置き場所とされています。

屋内消火栓は、水源、消防ポンプ(加圧送水装置)、起動装置、配管・弁類、非常用電源などと一緒に設置されます。消火栓には開閉弁、ホース、ノズルなどが備えられています。起動ボタンを兼ねた発信機ボタンを押すとポンプが起動し、そのあとは、二人以上で一組になり、屋外消火栓と同じような手順で使用します。