ご希望の消防署情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
消防署
トップページへ戻る
トップページへ戻る

消防署情報

消防器具紹介「スプリンクラー」



火災の発生を探知すると同時に天井から放水して消火を行なうのが、スプリンクラー設備です。確実に消火できることから、今日もっとも広く採用されている自動消火システムです。

火災感知から放水までを自動で行う

火災感知から放水までを自動で行う

スプリンクラー設備は、建物内を常に監視しています。熱を感知するとスプリンクラーヘッドから自動的に放水を行ないます。病院やホテル、百貨店など不特定多数の人が集まる場所や、高層ビル、工場、大きな倉庫などには必ず設置されているものです。

この設備は、初期はもちろん中期以降の火災の消火にも効果を発揮します。

ところが、コスト面などから見ても、小規模な施設で大型のスプリンクラーを設置することは困難でした。実際、法令上からも一般の小規模な施設にはスプリンクラーの設置義務がありません。ところが、老人介護施設には、どんなに小さい施設でもスプリンクラー設置の義務が求められてきました。その背景には、火災による高齢者の死者が減少しないことが挙げられます。そのため、小規模な老人向け施設では、小型のスプリンクラーでも取り付けることが許可されるようになりました。

さらに、地方自治体によっては補助金制度を設けているところも出てきて、小規模な福祉施設でも大型スプリンクラーの設置が進んでいます。

スプリンクラーの問題点の追求と改善

スプリンクラー設備の歴史は古く、アメリカでは19世紀の終わり頃にはすでに現在のような形が登場していたとされています。このような歴史からも、スプリンクラーの有効性が理解できますが、いくつか問題点が残されているのも事実です。

もっとも問題視されるのは、水漏れ事故や火災時以外の放水です。スプリンクラーの配管には、長い間(場合によっては何十年も)水が入ったままの状態になります。そのため腐食が進んで亀裂が入り、水漏れを起こすことがあるのです。さらに、スプリンクラーヘッドは外部からの衝撃に弱く、衝撃で破損すると火災に関係なく放水が始まり、水損事故につながることがあります。また、鎮火してもスプリンクラーの放水は自ら止まってはくれません。放水を止めるには、人の手によって制御弁を閉じる必要があります。そのため、現場に誰もいなければ、あたり一面が水浸しになってしまうことも考えられます。

実際、阪神・淡路大震災では、そのような事故が多発しました。こうしたスプリンクラーの問題を解消するため、各メーカーでは研究と開発を進めています。