ご希望の消防署情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
消防署
トップページへ戻る
トップページへ戻る

消防署情報

その他の消防・消火設備



火災は、適切な器具を使用すれば初期のうちに消すことができます。場所によって選んで使う、さまざまな消火器具があることを知っておくのも防火の心得です。

トンネルや駐車場に最適な消火設備

トンネルや駐車場に最適な消火設備

水噴霧消火設備は、スプリンクラーと同じようなメカニズムを持った器具です。スプリンクラーから放射されるのが普通の状態の水なのに対して、これはその名のとおり水が噴霧状になって放出されます。そのため、火が出ている辺り一帯を包むようにして火を消します。水で冷却するとともに、水蒸気が空気の中の酸素濃度を薄めて燃焼を阻止する2つの効果があります。

また、スプリンクラーは決められた水量を一定のパターンで放水するのみですが、水噴霧消火設備はヘッドの形状を変えれば噴霧する水の粒子の大きさを変えることができます。場所によって使い分けられるため、さまざまな放水効果が期待できます。例えば、その場を冷却することで遠赤外線が放つ輻射熱を抑えて自然出火を防ぐこともできます。

このような水噴霧消火設備は、トンネルや駐車場に多く採用されます。このような環境で起こる可能性が高い車両火災は、周囲の温度が高いと再び発火してしまうという特性があるためです。ただし、道路や駐車場のような閉ざされた場所に設置する場合は排水設備を設けなくてはなりません。そのほか、短時間で燃え広がってしまう恐れのある指定可燃物(ぼろや紙くずなど)を大量に取り扱ったり貯蔵したりする場所にも設置されます。

様々な場所に設置されるいろいろな消火設備

消火設備は適材適所、その場に相応しいタイプのものが設置されています。例えば泡消火設備は、自動車の修理・整備工場、飛行機やプロペラ機の格納庫、ビルの屋上に作られたヘリポートなどに設置することが義務付けられています。

これは、ヘッドから放出される泡による冷却効果と、泡の成分で油膜を張ることで窒息効果を出し、火を消す設備のことです。水による消火方法が適さない油をはじめとした可燃性液体の火災の危険がある場所に適しています。

不活性ガス消火設備は、ガスを消火剤としてヘッドから噴射するタイプの消火設備です。ガスは、電気を絶縁する性質を持ち、冷却効果に優れています。そこで、電気室や電気通信機械室、精密機器室などに設置されます。また、消火材による汚れが少ないため、多くの場合は消火による汚れを避けたい美術館など復旧を急ぐ必要のある施設に設置されることもあります。

この不活性ガス消火設備の消火剤自体に毒性はありません。ただ、火災のために空気中の酸素の濃度が低下したりすると、人的被害が発生する恐れもあるため、設置する場合は安全対策の徹底が求められます。