ご希望の消防署情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
消防署
トップページへ戻る
トップページへ戻る

消防署情報

消防・防災セット



いざという時に備えて、安心のためにぜひ必要最低限のものを準備しておきたいのが「防災セット」ですが、「非常持ち出し品」と「非常備蓄品」の両方を備えておく必要があります。ここでは、それぞれの内容について確認しておきます。

リュックに詰めて、いざという時のために準備しておく

リュックに詰めて、いざという時のために準備しておく

「非常持ち出し品」とは、避難しなければならない時に持ち出すもののことです。

阪神・淡路大震災に関連する資料を集めた「人と防災未来センター」では、被災経験者と職員が協力してチェックリストを作り、多くの人に情報を伝えています。それによると、主な「非常持ち出し品」には次のようなものがあります。

飲料水、食品(インスタント食品も)、衣類、救急用品セット、懐中電灯、現金(10円硬貨も)、持病薬・常備薬、マスク、簡易トイレ、ティッシュペーパー、トイレットペーパー、ポリ袋、ヘルメット、防災頭巾、作業用手袋、万能ナイフ、携帯ラジオ、携帯電話、バッテリー、身分証明書、筆記用具、防寒用使い捨てカイロ、ライター、ガムテープ、タオル、印鑑、カード類など。あとは、高齢者、幼児、女性などそれぞれに必要とされるもの。

以上をすぐ持ち出せる場所に置いておきます。ただし、普段から年に一度はチェックしておいて、可能な範囲で新しいものと交換しておくことも大切です。

非常備蓄品は3日分を備えておく

万一、大地震が発生した場合の被災地では、被害の軽重にかかわらず本格的な救護活動が開始されるまでには3日ほどかかると言われています。そこで「非常用備蓄品」は、最低でも3日間をしのぐものが必要です。ちなみに、大人ひとりが3日間を過ごすために必要な備蓄品は、例えば飲み水の場合は9リットル(3リットル×3日分)、ご飯(水で戻せるアルファー化米)の場合は4~5食、ビスケットなどは1~2箱、板チョコなら2~3枚、乾パンは1~2缶、そして数種類の缶詰2~3缶などです。

これらは救助の手が届くまで、避難所で過ごすにしても自宅で過ごすにしても、最低限必要な備蓄品です。ただし、水3リットルというのは飲料水のみで、トイレや炊事など飲料用以外にも水は必要となります。水道などのライフラインがストップした自宅で過ごすことを考え、浴槽には水をいつも入れておくようにしましょう。また、ライフラインの中でも特にガスの復旧は遅いので、カセットコンロがあると便利です。そうすれば温かい食べ物が食べられますし、真冬なら暖を取るのにも少しは役立つからです。