ご希望の消防署情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
消防署
トップページへ戻る
トップページへ戻る

消防署情報

消防・防災に役立つ家具転倒防止器具



大きな地震が起きた時、身の回りでは思わぬ異変が起きます。その代表例に、家具の転倒があります。便利に使っている家具が瞬く間に凶器に変わる? そんな信じられないような事態から身を守るには、どうすればいいのでしょう。

二次被害を防ぐためにも転倒防止器具を

二次被害を防ぐためにも転倒防止器具を

食器棚や洋服ダンスなど背の高い家具は不安定で、そのままにしておくと大きな地震の際には強い振動で倒れてしまう可能性があります。実際に、倒れた家具の下敷きになって人が死んだ例も少なくありません。

阪神・淡路大震災で亡くなった人の80%は圧死と窒息死でした。壊れた建物の下で生き埋めになった人はもちろん、多くの人が倒れた家具の下敷きになったというデータが残されています。この災害を教訓にして建物の耐震強化が進められていますが、私達がまずできることは、家具の転倒対策です。

心がけることは、背の高い家具や大きな家具を寝床から離して置くとか、倒れても逃げ口を塞がない場所に置くことです。しかし、それでもまだ十分ではありません。やはり大切なのは、家具が倒れないようにすることであり、そのためにも転倒防止器具を取り付けることが勧められています。

多様な種類の転倒防止器具

転倒を防ぐ器具で最もポピュラーなものに「L字金具」があります。家具と壁を直接固定するための金具で、両者をしっかりと固定できます。ただし、どちらにも穴を開けなければなりません。そのほか、家具と壁にネジ留めした金具をベルトで結ぶ「ベルト式器具」、チェーンで結ぶ「チェーン式器具」もあります。30度以下の角度でベルトやチェーンをピンと張ることで家具をしっかりと固定しますが、L字型金具と同じように壁と家具にネジ穴を開ける必要があります。

「ポール式(つっぱり式)器具」もあります。家具と天井の隙間に棒状の器具を設置するだけなので、簡単に取り付けることができます。

このほか、家具前部の下に挟み込み、家具を壁側に傾けて転倒を防ぐ「ストッパー式器具」、粘着性のあるゲル状のもので家具の底面と床面を接着する「マット式器具」などがあります。

東京消防庁の実験によると、最も効果が高かったのは「L字型金具」です。続いて「ベルト式」「チェーン式」(これらの効果は同等)、「つっぱり式」、「ストッパー式」、「マット式」(これらの効果は同等)の順になっています。

この結果からすれば、「L字型金具」で固定するのが一番安全と言えるのですが、この金具は壁にネジ穴を開けるため、賃貸住宅などでは使用が禁じられているところもあります。これは「ベルト式」や「チェーン式」にしても同様です。その場合は、ポール、ストッパー、マットを組み合わせて、少しでも耐震対策をしましょう。