ご希望の消防署情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
消防署
トップページへ戻る
トップページへ戻る

消防署情報

海外の救急事情



19世紀後半に世界初の救急業務が誕生してからおよそ150年。21世紀の今、救急業務は発展し、世界中で救急車が活躍しています。そのお国事情を見てみましょう。

救急車出勤が無料は日本だけ!?

救急車出勤が無料は日本だけ!?

世界で最初に組織的な救急業務が始まったのは、1881年(明治14年)ウィーンでのことです。その後、ベルリン、ロンドンなどでも開始され、徐々に世界中に広まっていきました。今では、世界中で救急業務の制度が確立されて救急車が活躍していますが、その実情は都市によって異なっています。

例えば、ニューヨークの場合、救急車は公営のものと民営のものがあり、いずれも有料でおよそ300ドルの費用が掛かります。パリでは、フランス全土をネットワークで結ぶ公営の医療援助体制があり、全国の共通番号(日本の119のようなもの)に電話を掛けると、救命装置が装備された救急車に医師が同乗して駆けつけます。30分あたり約6,500ユーロの料金は利用者が支払い、後日、保険で精算されます。

このほかにも、公営の救急車が有料で運用されている国は少なくありません。ドイツのフランクフルトの場合は日本円で2万2,000~7万3,000円程度です。オーストラリアのシドニーは、基本が約1万1,000円で、走行距離1キロメートルにつき約300円追加されます。中国では、北京で走行距離32キロメートルまでは約1,700円、以降1キロメールにつき約80円が加算されます。

一方、日本と同じように公営の救急車が無料なのはイタリア(民営もあり、この場合は有料)です。また、イギリスではロンドンに公営と民営の救急車がありますが、公営の場合は無料となります。ただ、日本に比べると救急病院の数が少ないために待ち時間が長く、命にかかわる症状でない場合には対応も迅速ではないようです。シンガポールでは事故の場合は無料、病気の場合は約2,000円の料金が掛かります。

(参考:外務省 海外関連情報 在外公館医務官情報、AIU保険会社「海外各地の医療・衛生情報」)

海外での傷病者を支援する団体

グローバル化が進んだ現在、海外で生活する日本人は少なくありません。また、毎年、大勢の日本人が仕事や観光で世界中のあらゆる場所へ渡航しています。外務省が発表した「2010年海外法人救護統計」によると、1年間に海外で死亡した邦人は647人で過去最高となっています。死亡の理由では疾病が最多で336人でした。このデータからも、海外で医療を受けるケースは増えているのです。しかし、医療事情がよくわからない環境の中で病院を探したり、救急車を呼んだりするのは大きな不安がつきまといます。

そんな背景のもと、海外での医療をサポートしてくれる団体も増えています。

主な活動は、海外医療支援として、サポートスタッフや医師を海外在住の邦人がケガをしたり病気などにかかったりした場合に派遣します。さらに、帰国の手伝いや、医療レベルがより高い国を選んで搬送するなどの医療搬送サービスも行なっています。