ご希望の消防署情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
消防署
トップページへ戻る
トップページへ戻る

消防署情報

消防署に勤める救急救命士の仕事のながれ



救急救命士は、具体的にどのようにして仕事をこなしているのでしょうか。ここでは心臓発作で倒れた人を傷病者の例に挙げて、救急救命士の実際の活躍ぶりを追いかけてみましょう。

現場に到着、応急処置を施す

現場に到着、応急処置を施す

救急隊の1チームは隊長と救急車を運転する機関員、そして隊員の3人で構成されます。現在、全国の消防署では、救急救命士の資格を持った救急隊員が最低でも1名は救急車に乗るよう努めています。

119番通報が入ると、消防署では消防または救急のランプが点滅して、出動内容が知らされます。ここでは、「心臓発作で倒れた人がいる」という通報があったとします。救急隊は、傷病者の状態を確認すると救急車で出動します。

現場に到着すると、隊長と隊員が傷病者のもとに駆けつけて、1人が容態の確認をして、もう1人が家族や発見者など周囲の人から状況の説明を聞きます。どのような経緯で119番通報がされたかをできるだけ詳しく知ることは、救急救命士の判断を正しく導いてくれます。とはいえ、現場の関係者は動揺しているものです。このような緊迫した場面で、救急救命士は周囲の人々を落ち着かせたり、不安を取り除いてあげるという重要な役割も担っているのです。

そして、傷病者の呼吸や脈を確認し、心電図で様子を見るなど必要な処置を施します。万一、心肺停止状態に陥っている場合は、救急救命士が心臓マッサージや人工呼吸をして蘇生を図ります。場合によっては除細動を行なうこともあります。除細動というのは、自動体外式除細動器(AED)という専用の機器を使って心臓に電気ショックを与え、心臓の拍動を再開させることです。

機関員は、その間に傷病者を救急車に乗せるためのストレッチャー(担架)を準備します。

医師への引き継ぎ、そして……

救急救命士は、病院への搬送中も救急車の中で救命のために応急処置を施します。このときは、病院や救急センターにいる医師と連絡を取り合いながら、適切な処置を続けます。医師の指示があれば、空気が肺まで入るように、空気の通り道となる気道を確保します。また、必要に応じて点滴も行ないます。

今は、携帯電話などの通信機器などに情報が登録されているので簡単に適切な搬送先を見つけることができます。

こうして、病院に到着したら傷病者を病院のスタッフに引渡し、担当の医師に傷病者の症状を説明します。この連絡が問題なく終われば消防署に戻ることができます。

ただし、事故などの場合は、警察などへの連絡が必要になります。また、手術が必要なときには、対象が未成年者なら家族の同意を得なければなりませんし、身寄りのない人の場合は役所の福祉課に連絡しなければなりません。

さて、救急救命士はようやくひとつの任務を果たしましたが、消防署に帰るとすぐに報告書を書かなければなりません。そして、さらに新たな出動命令が待っています。救急隊にとって、1日に多い時は10回以上の出動があるのです。