ご希望の消防署情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
消防署
トップページへ戻る
トップページへ戻る

消防署情報

心肺蘇生法



いま、心臓の急変で突然倒れる人が急増しているため、容態の急変から命を救うのに必要な「心肺蘇生法」が注目を集めています。一般には馴染みの薄い言葉ですがいざというとき尊い命を守るため、私たちもマスターしておく必要性があります。

「救命の連鎖」と市民の役割

「救命の連鎖」と市民の役割

救急救命が語られるとき「救命の連鎖」という言葉がたびたび登場します。これは「傷病者の命を救い、社会復帰に導くために必要となる一連の行動」のことで、「心停止の予防」、「心停止の早期発見と通報」、「一次救命処置」、「二次救命処置と心拍再開後の集中治療」の4つの要素で成り立っています。また、それぞれの概要は以下のようになります。(参考:日本ACLS協会)

  • 「心停止の予防」 日常生活の中で周囲の人が注意して見ることで、心停止の可能性のある傷病を防ぐことです。例えば子どもなら溺水や窒息、交通事故などを防ぐこと、また大人なら急性心筋梗塞や脳卒中の初期症状にいち早く気付き、少しでも早く救急車を呼ぶことです。
  • 「心停止の早期発見と通報」 突然倒れた人や反応のない人を見たら、まず心停止を疑うことです。そして、その可能性があれば、大声で応援を呼び、119番通報やAED(自動体外式除細動器)の手配をします。
  • 「一次救命処置」 止まってしまった心臓と呼吸の動きを助けるために行なう応急処置のことです。このとき行なわれるのが人工呼吸などの「心肺蘇生法」で、同時にAEDの使用も含まれます。
  • 「二次救命処置と心拍再開後の集中治療」 救急救命士や医師が、薬や器具などを使用して心臓の動きを再開させることです。さらに、心臓の動きを取り戻すことができたら、専門施設での集中治療により社会復帰を目指すことです。

以上の4つの要素(輪)が途切れることなく、素早くつながることで救命効果は高まります。そして、最初の3つの輪は、その場に居合わせた人たちによって行なわれることが期待されています。

救命処置の手順と心肺蘇生法

日本人の死因で最も多いのはガンですが、心疾患がそれに次ぐものとして挙げられています。心臓の病気は、突発的に変異するため、突然の発症も多く見られるのです。

急な傷病者が発生した場合、まずは「大丈夫ですか!」「わかりますか!」などと呼びかけつつ、トントンと肩を軽く叩き、反応の有無を見ます。反応がある(意識がある)ならば相手の要望を聞いて、必要な応急手当を行ないますが、反応が無いときは、大声で「誰か来て!」などと周囲に助けを求めます。そして、協力者が来たら119番通報やAEDを持ってきてもらいます。

そのあと、胸を強く圧迫する「胸骨圧迫」と口から肺に息を吹き込む「人工呼吸」によって、動かなくなった心臓と呼吸を助ける「心肺蘇生法」を実施します。

呼吸の確認をして「普段通りの呼吸」がなければ(10秒間、胸と胸部が動いていなければ呼吸が止まっていると判断)、まず胸骨圧迫を30回、次に気道確保をして人工呼吸を2回。この組み合わせを繰り返し絶え間なく行ないます。そしてAEDが到着したら付属の音声メッセージに従って心電図を取り、必要なら電気ショックを行ない、完了後再び胸骨圧迫と人工呼吸を、救急車が来るまで続けます。(参考:東京消防庁「救急アドバイス/応急手当について」)

『救急蘇生法の指針 2010』(監修:日本救急医療財団心肺蘇生法委員会)では、「心臓が止まると15秒以内に意識が消失し、3~4分以上そのままの状態が続くと脳の回復が困難となります。」と明記されています。心肺蘇生法は、心臓が止まっている間に心臓だけでなく脳にも血液を送り続けることになります。これは、心臓が回復したあとに後遺症を残さないためにも大事なことです。

心肺蘇生法の手順は、各消防署などで講習会も行なっていますから、一度は参加して覚えておきたいものです。