ご希望の消防署情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
消防署
トップページへ戻る
トップページへ戻る

消防署情報

人工呼吸法



正常な呼吸が失われたら、傷病者の口から息を吹き込んで肺に送る人工呼吸を施します。ここではその方法と、人工呼吸とセットで行なう胸骨圧迫の方法について説明します。

人工呼吸の前に胸骨圧迫を行う

人工呼吸の前に胸骨圧迫を行う

傷病者に呼び掛けて反応がなければ、胸とお腹が上下しているか観察して呼吸の有無を10秒間確認します。これらの部位に動きがなくなり、呼吸も吐息も感じられなくなれば「正常な(普段どおりの)呼吸なし」と判断しなければなりません。ちなみに、心肺停止が起こった直後には、しゃくり上げるような切れ切れの呼吸が見られることがあります。これは「死戦期呼吸」といって、これもまた正常な呼吸とは見なされません。

正常な呼吸が認められない場合、人工呼吸を施さなくてはなりませんが、その前にまず行なうのが「胸骨圧迫」です。いわゆる心臓マッサージのことで、傷病者の胸の中央部に手を当てたら、重ねた両手を速い調子で絶え間なく強く圧迫する基本テクニックです。この時、肘をまっすぐに伸ばします。そして、手元に体重が掛かるように体を前に傾けて、傷病者の胸が4~5センチメートル沈んでしまうほど強く圧迫します。1分間に100回という速いテンポで30回連続して途切れることなく行なうのがポイントです。

人工呼吸は気道を確保して大きく息を吹き込む

人工呼吸は気道を確保して大きく息を吹き込む

胸骨圧迫を30回行なったら、次に人工呼吸に移ります。

人工呼吸の際に最初に行なうのは気道の確保です。まず傷病者を仰向けにして、その頭が下がるようにして喉の奥を広げます。空気を肺に通しやすくするための行為です。この時は、片手を額にあてがい、もう一方の手の人差し指と中指の2本をあごの先にあてて頭を後ろにのけぞらせ、あご先が上がるようにします。

人工呼吸は、こうして気道を確保したままで行ないます。まず、額に当てがった方の親指と人差し指で傷病者の鼻をつまみます。そして、口を大きく開けて傷病者の口を覆い、空気が外に漏れないように注意しながら、およそ1秒かけて息を吹き込みます。このとき、傷病者の胸が持ち上がるのを確認します。空気が通った証拠です。万一、胸が上がらなければ、気道の確保をやり直さなければなりません。

いったん口を離し、傷病者の口から息が吐き出されるのを待ち、2回目を行ないます。吹き込みは2回までとし、すぐにまた胸骨圧迫をします。

心肺停止の応急処置の基本は、「胸骨圧迫30回+人工呼吸2回」を1セットとして、これを絶え間なく続けることです。

心肺蘇生の訓練経験が無く自信がないときは、胸骨圧迫のみを実施します。また、口から口への人工呼吸がためらわれる場合は、やはり胸骨圧迫のみでも構いません。

(参考:日本救急医学会「市民のための心肺蘇生」)