ご希望の消防署情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
消防署
トップページへ戻る
トップページへ戻る

消防署情報

火災予防週間



毎年、春と秋の1週間に設けられている「火災予防週間」は、一般の人たちに火災予防思想を広めることと火災発生の防止を訴えるのが目的です。毎年、ひとつのテーマを掲げ、全国規模で大々的に行なわれています。

年に2度実施される「全国火災予防運動」

年に2度実施される「全国火災予防運動」

「火災予防週間」という言葉を聞いたことがあるはずです。毎年、春と秋の、特定の1週間を指してこう呼びます。火災予防週間は1950年代から制定されていますが、具体的な時期は何度か変更され、1989年からは春季は毎年3月1日~7日、秋季は11月9日~15日と決められています(ただし、一部の地域では、気象条件などの関係から時期がずれています)。これは、春は「消防記念日を最終日とする1週間」、秋は「119番の日を起点とする1週間」として制定されたものです。

火災予防週間には、全国で一斉に「全国火災予防運動」となる防火キャンペーンが行なわれます。

この運動の目的は、乾燥しがちで火災が起きやすい季節の到来を前にして火災予防思想を一般に広く知らしめ、それによって火事を防ぐことにあります。同時に、高齢者が多いとされる火災による死者を減少させること、家屋や家財道具などの財産を火事で失わないように注意することをアピールするのが狙いです。

したがって、市区町村は、消防本部や消防団といった関係団体と連携して広報活動を行なうとともに、消防訓練などを実施して地域住民に防火の大切さを訴えていきます。

消防庁の実施要項に基づいて各地で開催

「全国火災予防運動」は、各地方自治体が独自の形で展開します。とはいえ、消防庁の実施要項に基づいているため、その時期の重点目標などは同じです。また、公募作品の中から選ばれた全国統一火災標語や子供たちの絵が、ポスターなどに採用されます。

ちなみに、平成25年3月1日から7日まで実施された「平成25年春季全国火災予防」では、『消すまで 出ない行かない 離れない』が統一防火標語とされ、重点目標として「住宅防火対策の推進」が第一に挙げられました。

これを受け、全国各地では消防訓練、防火イベント、防火パレードなどの行事のほか、地域ごとに企画されたキャンペーンが一斉に実施されます。例えば、住宅用火災警報器の設置や維持管理を呼びかけるチラシやティッシュ、花の種などを配布したり、住宅用火災警報器に関する相談に応じたりするものもあります。

また、「寝たばこ」、「ストーブ」、「ガスコンロ」など、火災の原因になる身近なものの扱い方に注意を促して防火の基本を改めて訴えるところもあります。