ご希望の消防署情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
消防署
トップページへ戻る
トップページへ戻る

消防署情報

高潮とは何か



気象情報などで耳にする「高潮」とは、海面が高くなっていることを示す言葉のひとつです。津波や洪水と同じように私達の生活を脅かす可能性がある水害の一種ですが、具体的にはどのような状態のことを「高潮」と呼ぶのでしょうか。

高潮が発生する原因になる気象現象

高潮が発生する原因になる気象現象

高潮が発生する原因だとされている気象現象は大きく分けて2つあり、気圧の低下と風です。この2つが重なりあった場合に、規模の大きな高潮が発生しやすいとされています。

また、この2つ以外にも雨などによっても影響がある場合があります。

高潮の原因になる気圧変化

高潮の原因になる気圧変化

海上の気圧が低下すると海面は高くなります。海面の高さは気圧との関係性が深く、例えば気圧が高い場合は海面が低くなります。すなわち海面の高さは、海の上空にある気圧との反比例に沿って変化するものなのです。

そのため、台風などが発生するシーズンには高潮が発生しやすくなります。台風は言わゆる熱帯性低気圧のため、台風が発生したということは局地的に気圧が低下していることになり、台風の中心付近では高潮になります。

なお、気圧が1ヘクトパスカル下がれば、それに反比例して海面が1cm上がるとされています。1気圧は約1,013ヘクトパスカルです。950ヘクトパスカルの台風が発生すれば、台風の中心あたりでは海面が約63cm上がっていることになります。

高潮の原因になる風

高潮の原因になる風

沖から海岸側方向に吹く風を「向岸風(こうがんふう)」と呼びます。その風によって海水は岸に吹き寄せられるようになり、陸地側の海面が高くなることがあります。この現象による海面の上昇は風速の2乗に比例すると言われています。つまり、海方面から陸地へと吹く風が強ければ強い程、海面は高くなってしまいます。海岸近くにいる場合には、海風が強すぎると高潮の可能性を警戒する必要があるのです。

低気圧である台風は強風を伴うため、気圧の変化との相互作用で高潮の規模を大きくしてしまいます。気圧の低下で上がった海面が、風によって陸地側へ引き寄せられることで、海岸沿いの地域に被害を与える可能性が高くなります。

また、岸の形が海に向かって開いた形状である場合、吹き寄せられた海面が集中することになり、部分的に高い海面になる場合があります。湾などで高潮の被害が大きいのは、これが大きな原因です。

高潮が発生する原因になる天体現象

高潮が発生する原因になる天体現象

太陽や月の引力によって発生する天文潮も高潮の発生に影響を及ぼします。海面が高いことを「満潮」、低いことを「干潮」と呼び、天体の動きに連動して一定周期で発生していますが、台風などの発生による低気圧と強風が発生し、さらに満潮が重なった場合にはより高い高潮になってしまう場合があります。

また、干潮であっても油断はできず、1998年(平成10年)に発生した台風10号の際には、干潮時刻であるのにもかかわらず高潮が来襲した例があります。

海に面している地域では避けられない災害、それが高潮

海に面している地域では避けられない災害、それが高潮

ここまでご紹介してきた通り、高潮は台風などの気候現象、陸地の形状、そして太陽や月などの影響が重なりあって発生します。人類が地震や雷などの発生を抑えられないのと同様に、高潮も人類にとって発生を抑えることができない自然現象のひとつです。

しかし、高潮は発生するメカニズムの特性上、地震程の突発的な発生は滅多に無く、発達した観測技術により発生を予測しやすい特徴があります。

高潮に関する正しい知識を持ち、必要に応じて適切な対策や避難準備をしておくことが重要だと言われています。