ご希望の消防署情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
消防署
トップページへ戻る
トップページへ戻る

消防署情報

「たかしお」と「こうちょう」の違い



「高潮」と書いて訓読みでは「たかしお」、音読みでは「こうちょう」となります。実はこの「たかしお」と「こうちょう」、読み方が違うだけではなく、日本語としては意味が少し異なる言葉です。

この2つの違いについて正しく理解できるよう、詳しくご紹介します。

「高潮」と書いてどう読むかによって異なる意味

「高潮」と書いてどう読むかによって異なる意味

Webページのテキストや新聞・雑誌などで「高潮」と漢字で表記されてしまえば、区別を付けることは難しくなりますが、テレビやラジオなど音声情報であれば「たかしお」と「こうちょう」は区別ができます。それぞれの正しい意味は、次のようなものです。

「たかしお」と読んだ場合の意味

「たかしお」と読んだ場合の意味

「高潮」を訓読みで「たかしお」と読んだ場合には、自然災害としての意味が強くなり警戒を促されていると判断します。

海面が高まる現象のうち、台風や強風などを原因として、通常よりも異常な高さの海面になる場合に「たかしお」と呼びます。

なお「高潮(たかしお)」は「風津波」や「暴風津波」と呼ばれることもあります。

「こうちょう」と読んだ場合の意味

「こうちょう」と読んだ場合の意味

「高潮」を音読みで「こうちょう」と読んだ場合には、海面が最も高くなった状態のことを表しています。これは主に満潮時のことであり、周期的に発生する自然現象のことを「こうちょう」と呼びます。つまり「こうちょう」と読んだ場合は、災害の可能性を示唆するよりも、周期の状態として捉えるのが一般的です。「満潮」と同義語としても使われます。

なお、映画やテレビ番組などで言わゆるクライマックスのことを「最高潮(さいこうちょう)に達する」などと表現するのは、物語や現場の盛り上がりを変化する海面の高さに喩えて表現したものだとされています。

「高潮」を「こうちょう」として使う用語の例

日本語で「高潮」という2文字を「こうちょう」と呼ぶ例には、次のようなものがあります。

高潮線
満潮時と干潮時では海面の高さが異なるため、海岸線の形も変わります。満潮時における海岸線のことを「高潮線(こうちょうせん)」と呼びます。
高潮間隔
「高潮間隔(こうちょうかんかく)」とは、月が観測点の子午線を通過してから満潮になるまでの時間のことを指す言葉です。これを「潮候差(ちょうこうさ)」とも呼び、満潮がどの程度の周期で繰り返されているかの指針になります。

似て非なる「高潮(たかしお)」と「高潮(こうちょう)」の違い

似て非なる「高潮(たかしお)」と「高潮(こうちょう)」の違い

高潮を「たかしお」と読んでも「こうちょう」と読んでも、どちらも海面が高いことを表す点では同じです。しかし、「こうちょう」と読んだ場合には定期的に発生する自然現象である、それ程の危険性は伴っていないのに対し、「たかしお」と読んだ場合には人間の生命や財産に危険性がある異常な自然現象として扱われます。

特に、台風発生に伴う低気圧や強風によって「たかしお」が発生する場合が多いため、海岸付近を中心に被害を及ぼす災害のひとつとして、必要に応じて警戒しなければなりません。

なお、言葉の意味としては「台風と高潮(こうちょう)が重なり高潮(たかしお)の危険がある」としても日本語としては正しいことになりますが、文字にした場合に紛らわしいため、「台風と満潮が重なり高潮(たかしお)の危険がある」などと同義語を用いて表現する場合が一般的です。