ご希望の消防署情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
消防署
トップページへ戻る
トップページへ戻る

消防署情報

高潮と洪水との違い



水害の一種として高潮がありますが、よく知られた言葉として「洪水」という水害もあります。どちらも十分な警戒をして対策したい自然災害ですが、高潮と洪水の違いは何でしょうか。

洪水という現象は高潮とは異なるもの

洪水という現象は高潮とは異なるもの

高潮が海、及び海面にかかわる言葉であるのに対し、洪水は主に河川にかかわる言葉です。

何らかの理由で河川の水量が増え、許容量を超えてしまった場合に溢れてしまった水が陸地へ及び、家屋や施設などが水浸しになったり・水没してしまう自然災害を「洪水」と呼びます。

なお、工学など一部の分野では単に河川の水量が増えたことを「洪水」と呼ぶ場合があります。この場合は、水害の有無にかかわらず「洪水」と表現されます。

洪水の原因

河川を発生源とするのが洪水であり、その原因となるのは主に大雨です。一定範囲に大量の雨が降った場合や、雨天が長く続いた場合などに河川の水量が極端に増え、氾濫や堤防の決壊などを生じ、周辺の陸地へ水害を及ぼします。

高潮と洪水が同時に発生する可能性について

洪水の主な原因は極端に多い降雨量にあります。高潮の原因が台風や強風であることからすれば、直接的な関係はないようにも思えますが、台風は雨を伴うことがほとんどであることから、雨が増えて河川の水量が増えるのと同時期に、海で高潮が発生しているケースもあります。

また、河川で増えた水は海へ流れこむのが通常ですが、稀に高潮を原因として海面が上昇し、海水が河川に遡る場合があります。高潮が大量の降雨などと同時発生することによって、特に湾口部で洪水が発生しやすくなってしまいます。

高潮被害と洪水被害の共通点と相違点

高潮被害と洪水被害の共通点と相違点

高潮による被害と洪水による被害には、共通点と相違点があります。

高潮と洪水の共通点

高潮と洪水の共通点

いずれも水害であるという意味で共通点があります。勢いのある水が人や建物を破壊したり流したりしてしまう被害が発生するため、対策として海岸や川沿いに堤防を構築する点も共通点と言えるでしょう。

また、本来陸にないはずの水が流れこむことにより、陸地の衛生面などに大きな影響を与える点も共通です。高潮と洪水に限らず水害の場合には、被害後の復旧に衛生的な処置が必要となります。

高潮と洪水の相違点

高潮と洪水の相違点

高潮が海であるのに対し、洪水は河川が発生源となります。これは水の質が異なることと同じです。

高潮により海水が陸地に溢れた場合には、水が塩分を含む海水であるため、陸地で農産物の生産などが難しくなってしまう塩害の可能性があります。しかし、沿岸部ではもともと高潮による被害の可能性が考慮されている場合が多いため、農地自体が少ない傾向にあります。

一方の洪水の場合は、基本的には水が淡水であるため塩害の危険性はありません。しかし、上流から運ばれてきた土砂により水害被害地域が汚されてしまうことにより衛生面が著しく低下し、伝染病などが発生しやすくなる他、ワニなど人間にとって危険な生物が河川に生息していた場合には、その生物による被害が陸地に及ぶ可能性があります。

洪水の場合、水害により陸地が水浸しになってしまうことは一時的なデメリットですが、長期的にはメリットが得られる場合があります。河川の周辺陸地へ栄養を与えることになり土壌が肥沃化するなどの他、地下水を満たすなどの効果が得られる場合があります。