ご希望の消防署情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
消防署
トップページへ戻る
トップページへ戻る

消防署情報

高潮被害時に連動する他の災害



高潮は、通常よりも高くなった海面が陸地を襲う自然災害ですが、海水の浸水による直接的な被害以外にも、他の災害の形で人間の生命や財産に悪影響を及ぼす可能性があります。ここでは、その危険性についてご紹介します。

荒天に伴う被害

荒天に伴う被害

高潮の主な原因として挙げられるものは台風です。つまり、高潮が襲来するのと同時に台風が通過する場合が多く、その地域では台風そのものがもたらす被害も楽観視できません。

強風による被害

強風による被害

台風によって生じる被害のひとつに強風があります。風速20m/sの向かい風の状態では、大人でも立っているのがやっとの状態になると言われています。台風通過時に高潮から避難しなければならない場合などには、スムーズな避難を阻害してしまいます。また、強風により落下物が発生する場合もあり、やはり避難時には強風に対して一定の警戒をする必要があります。

降雨による被害

降雨による被害

台風によって生じるもうひとつの被害として大量の降雨があります。降雨により山間部などで土砂崩れや崖崩れなどが発生する場合があり、避難で周辺を通行する場合には、警戒が必要になります。また、降雨により河川の水量が極端に増えた場合には、河川であることに気が付かず足を踏み入れてしまい、そのまま流されてしまう可能性もあります。あらかじめ避難経路の状態などを確認することで対策するよう呼びかけられています。

避難に伴う被害

避難に伴う被害

高潮による被害が推定されている地域に住んでいる場合は、必要最小限の財産を持って高地などへ避難する必要がありますが、その際に他の災害が発生する可能性があります。

交通事故などの被害

交通事故などの被害

避難の際は、できるだけ自動車を使用せず、徒歩での避難を行なうよう呼びかけられています。しかし、体の不自由な家族がいる場合などでは、自動車を使用して避難しようとしてしまう場合があります。降雨や強風なども伴う場合が多く、また精神状態が冷静とは言えない状態での運転になる可能性が高いため、交通事故の可能性が高くなってしまいます。

また、道路が冠水などにより通行できないなどの可能性もあります。水深50cm程度で一部の車両を除いて自動車は動かなくなると言われています。不動になった自動車が道路を不通にしてしまい、避難や救護を著しく阻害する可能性が高まります。

停電などによる被害

停電などによる被害

夜間に避難する場合などには、台風などの影響で停電が伴う場合があります。街灯などが機能せず暗闇の中を避難しなければならない可能性もあるため、足元が見えないなどの理由で足を踏み外してしまう危険性が高まります。避難時には、懐中電灯などを準備し、落ち着いて避難する必要があります。

避難時の過失による被害

避難時の過失による被害

沿岸部にある家屋などから避難する場合には、火のもとの点検が必須です。避難する際には、ガスの元栓などを確実に閉め、火災が発生しないよう注意が必要です。雨天であれば大きな被害に繋がることは少ないでしょうが、雨が降らず強風のみの台風であった場合には、火災が近隣の住宅にも燃え広がってしまう危険性があります。