ご希望の消防署情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
消防署
トップページへ戻る
トップページへ戻る

消防署情報

吹き寄せ効果による高潮



高潮の被害を大きくする要素のひとつに「吹き寄せ効果」があります。特に沿岸部で生活する人にとっては重大な被害に繋がることもある、この吹き寄せ効果について、なぜ発生するか、どんなメカニズムで被害を大きくするかをご紹介します。

吹き寄せ効果とは何か

吹き寄せ効果とは何か

強い風が沖から陸へと吹く場合、風は海面の表面をなぞり波が発生します。海面は陸地に向かって傾いたように水位を上げ陸地を襲います。これが吹き寄せ効果です。

海から陸地へと強い風が吹く場合には、この吹き寄せ効果を警戒する必要があることになります。

吹き寄せ効果をもたらす台風

吹き寄せ効果をもたらす台風

「台風」とは、風速17m/s以上になった熱帯性低気圧のことです。つまり台風が発生した場合は、風が一定以上の強さを持っていることでもあり、台風が陸地に接近すると必然的に吹き寄せ効果を生んでしまいます。台風が太平洋上で発生し、徐々に陸地へ接近している場合には、特に大きな吹き寄せ効果が発生する危険性が高まります。

風速の2乗で強まる海面上昇

風速の2乗で強まる海面上昇

気象庁が発表している防災情報では「風速が2倍になると海面上昇は4倍になる」としており「吹き寄せによる海面上昇は風速の2乗に比例する」と案内されています。

台風の場合は、気象庁などにより風速がつど案内されていますが、その情報は単に風が強くて危険だという点以外にも、強い高潮を生み出す危険性があることを理解しておく必要があります。

強風で運ばれた波は陸に近づく程危険になる

強風で運ばれた波は陸に近づく程危険になる

吹き寄せ効果の恐ろしい点は、陸に近づけば近づく程その効果が強くなる点にあります。

通常の地形では、陸地へ近づくにしたがって海底が浅い浅瀬になり、海抜を超えると陸地になります。通常は海底摩擦力などの影響により浅瀬では波の勢いが減少しますが、吹き寄せ効果によって強い風で吹き寄せられた海水の塊は、浅瀬になっても勢いがそれ程減らず、巨大なエネルギーで沿岸部を襲います。浅瀬で上昇した海底の高さがそのまま波の高さにプラスされ、陸から見ていると浅瀬付近で急に波が高くなったように見えます。

台風の中心から東側は特に風が強い

台風の中心から東側は特に風が強い

台風の特徴のひとつとして、台風の中心部から東側で特に強い風が吹く点があります。日本を襲う台風のほとんどは日本列島の南西部で発生し、徐々に北東方向へ進路を変えます。日本列島を横断するように台風が通過する場合には、常に東側(風が特に強い方向)が列島を襲うことになります。

「昭和の三大台風」における最大風速

「昭和の三大台風」における最大風速

これまで日本を襲った台風のうち、「昭和の三大台風」として知られる大型台風について、風速がどの程度だったかをご紹介します。

室戸台風
1934年(昭和9年)に発生した室戸台風は、日本で正式な台風観測が行なわれる前の情報ではありますが、上陸時の最大風速が60m/sだったと伝えられています。
枕崎台風
1945年(昭和20年)に発生した枕崎台風では、枕崎観測所にて最大風速40.0m/s、瞬間最大風速62.7m/sを記録しています。また、当時沖縄に駐留していたアメリカの病院船では風速150ノット(約77.1m/s)を記録したと伝えられています。
伊勢湾台風
1959年(昭和34年)に発生した伊勢湾台風の最大風速は75m/sでした。