ご希望の消防署情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
消防署
トップページへ戻る
トップページへ戻る

消防署情報

高潮の事前対策



もし私たちが生活している中で、高潮の危険が身近に迫ったらどうすれば良いのでしょうか。ここでは、高潮から安全に避難できるよう、対策や対応をご紹介します。まず重要になるのは高潮発生の事前対策です。

事前準備としての知識が最大の対策

事前準備としての知識が最大の対策

高潮は津波や地震と比較して、それ程突発的に起こる自然災害ではありません。現代の観測技術と予報精度であれば遅くとも高潮が迫る1日前には警戒が呼びかけられるでしょう。

しかし、いざ警戒が呼びかけられてから慌てていたのでは万全の避難はできません。平常のうちにあらかじめできる限り調査を行なうなどして、高潮対策の準備を進めておきましょう。

住まいや職場が高潮にどの程度対策できているかを知っておく

住まいや職場が高潮にどの程度対策できているかを知っておく

自分が住んでいる場所や働いている場所、あるいは良く訪れる場所の海抜がどの程度であるか、まずは知っておきましょう。自治体による公的な施設であればほとんどで海抜の表記がなされているはずです。周辺にある駅や役所などを訪れて、おおよそどの程度の海抜で生活しているのか知っておきましょう。

また、海抜が低い地域であれば、その地域で施されている高潮対策はどの程度のものかも知っておく必要があります。これは、地方自治体などで確認できるはずです。

通学・通勤のルートや、避難時のルートも確認

通学・通勤のルートや、避難時のルートも確認

住まいや職場などの施設だけではなく、よく通行するルートの様子も知っておく必要があります。可能であれば海抜がどの程度であるかを知り、また道路周辺の状態もよく観察しておきましょう。高潮が発生する際は、台風上陸と同時であることが多いため、大雨や強風も脅威として人々に襲いかかります。溢れ出しやすい川が近くにないか、あるいは風で倒されそうな電柱や木などがないかも確認しておき、危険を感じるようであれば高潮が近づいているときには、通行しないよう覚えておきましょう。

避難場所の確認も重要

避難場所の確認も重要

いざ高潮から避難しなければならないとき、どこに行けば良いのかは事前に知っておかなければなりません。多くは自治体により避難場所が案内されているはずです。自治体が発行しているハザードマップなどに目を通しておき、いざというときに迷わず避難場所へ逃げられるよう確認しておきましょう。

また、家族でそうした情報を共有し、避難時の混乱を和らげられるよう心がけることも重要です。

避難が必要になったときに慌てないための準備

避難が必要になったときに慌てないための準備

いざ避難しければならない、というときには着の身着のままという訳にはいきません。必要最低限のものをあらかじめ取り出しやすい場所に収納しておき、できれば被災グッズとしてまとめておくことが理想です。

避難グッズの準備と確認

避難グッズの準備と確認

台風による強風が伴いやすい高潮被害の場合は、ヘルメットのような頭部を守る道具があると安心です。また夜間に避難しなければならない可能性もあるため、懐中電灯の準備と、定期的な点灯確認も怠らないようにしましょう。避難時の情報を仕入れるため、携帯用のラジオなども準備しておくと良いでしょう。

避難グッズは、高潮以外にも地震や津波などが発生した際にも利用できます。