ご希望の消防署情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
消防署
トップページへ戻る
トップページへ戻る

消防署情報

高潮警報が発令されたとき



風や水に関連した災害の危険が認識された場合には、気象庁や地方自治体などによって避難に関連した情報が発令されます。高潮などの注意報・警報などと合わせて案内されることがほとんどですので、災害情報はいつでも仕入れられるよう準備しておきましょう。なお、自治体などにより案内の方法や手順は若干異なる場合があります。自分が住む地域では、どのように警告がなされているか確認しておきましょう。

避難までに十分な時間があれば3段階で避難が促される

避難までに十分な時間があれば3段階で避難が促される

現代では、観測技術と予報の精度が高まっているため、地震や津波など突発的に発生しやすい災害以外で、事前に兆候などが観測しやすい災害が発生した場合には、避難に関連した情報が段階的に案内されるようになっています。避難が必要な地域にいる人は、これらの情報が何を示しているのかを把握しておき、慌てず適切な避難を行なえるようにしておきましょう。

避難準備情報

避難準備情報

高潮などにより人命を脅かす災害が発生する可能性が高まった状態で案内されるものが、避難準備情報です。「要介護者避難」と案内する自治体もあります。

避難に時間がかかるおそれがある高齢者や、体が不自由な人など要介護者が避難を始めるべき段階です。家族や近隣に住む人は、高齢者や要介護者のサポートを優先的に行ないましょう。また、身体や運動能力に問題が無く避難行動をスムーズに行なえる人は、避難の準備や家族との連絡を行なう時間として活用しましょう。

避難勧告

避難勧告

高潮などにより人命を脅かす災害が発生する可能性が明らかに高まった状況で案内されるものが、避難勧告です。避難地域に該当する住民はすべて避難をはじめ、適切な避難場所へ避難する必要があります。

警告を楽観視することなく、また根拠なく「私だけは大丈夫」なとど思わず、必ず迅速に避難するようにしましょう。

避難指示

避難指示

高潮などにより極めて高い可能性で人命を脅かすと判断された場合に案内されるものが、避難指示です。本来は、避難勧告の時点で避難を開始し、避難指示の時点では避難が完了していることが理想とされています。

もし避難指示が案内された時点でまだ避難を始めていない場合は、迅速に避難を行ない、またもし何らかの理由で避難することが不可能であれば、命を守るために最低限の行動を取るよう努めましょう。高潮の場合は、自宅の中でも高所に登る、ヘルメットなど身体を守る装備を身に付けるなどです。

いきなり避難指示が出る場合もある

いきなり避難指示が出る場合もある

近年の観測技術は発達していますが、異常気象とも言える想定を超えた自然災害が発生した場合には、その予測が間に合わないことや、夜間のため警告が間に合わないなどの場合もあります。その際には、先に紹介した3段階の案内を経ず、いきなり避難指示が発令される場合があります。

急な避難指示にも対応できるよう万全の準備を

急な避難指示にも対応できるよう万全の準備を

急な天候変動にも対応できるよう、天気予報や台風情報には耳を傾けておく習慣を身に付けましょう。また、避難の必要が生じた際に少しでも迅速に避難を始められるよう、事前に準備を整えておく必要もあります。

高潮は台風と同時に発生することが多く、また9月周辺の天文潮が高い時期に発生しやすい傾向があります。1年のうち特にそのシーズンだけは、通常以上の情報収集を心がけましょう。