ご希望の消防署情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
消防署
トップページへ戻る
トップページへ戻る

消防署情報

高潮の警戒地域



高潮は台風などの発生に伴い、低気圧や強風が原因で発生することが多い自然災害です。特に強風による高潮の発生確率が高く、また強風によって高潮が発生しやすい地形条件は概ね解明されています。高潮の警戒が特に必要な地域は、どういった場所なのでしょうか。

高潮の危険性が高い自然条件

高潮の危険性が高い自然条件

高潮が発生する条件はいくつかありますが、海の近くであることなど、いくつかの条件が揃わなければ大規模な高潮は発生しにくいものです。高潮がどんな条件で発生するかを知ることで、住まいや旅行の旅先について適切な知識を得ることができるはずです。

海岸付近の低地

海岸付近の低地

海の近くにある海抜ゼロメートル地帯などは、高潮による被災の可能性が高いエリアです。特に発展した都市部などでは、湾口部を埋め立てて陸地にしている場合があるため、高潮に対しては特に脆弱な土地だと言えます。

湾の奥部

湾の奥部

高潮の主な原因は、強風による吹き寄せ効果です。吹き寄せ効果で陸地側に集められた海水は、湾など海に対して広がった地形においては湾が狭まるにつれて集中し、潮位の高さを助長してしまいます。特に湾の奥にある都市などに海水が集中することが多いため注意が必要です。

特別な自然地形

特別な自然地形

特殊な自然地形の中には、高潮の勢力を強めてしまう場合があります。

V字型になった谷では波の集中が起こりやすく、部分的に潮位が高くなってしまう場合があります。

また、急に海底が深くなる海岸部では、吹き寄せ効果により陸地直前で急速に潮位が高くなる場合があります。

河口などが集中している地域は、高潮の被害と同時に河川からの洪水が重なる危険性が高いため、被害としては大きなものになってしまう可能性があります。

過去の高潮被災例から知る危険な地域

過去の高潮被災例から知る危険な地域

これまで日本各地には、様々な高潮被害がありました。これらをまとめることで、日本における高潮の危険性が高い地域が分かります。それぞれの地域で概ね適切な防災設備が整えられていますが、高潮が発生しやすい地形であることは変わりません。

東京湾
2度の関東大水害をはじめ、東京湾周辺では過去に大規模な高潮被害がありました。特に埋立地が多く海抜ゼロメートル地帯が多いことも危険を助長する要因です。
伊勢湾
伊勢湾台風では、伊勢湾を中心に大きな高潮被害がありました。大きな河口部が重なっていることも、被害を大きくする原因のひとつです。
大阪湾
2度の室戸台風とジェーン台風では、大阪湾を中心に大規模な高潮被害がありました。奥まった地域に湾があることで高潮の規模が大きくなりやすい傾向にあります。
瀬戸内海
2004年(平成16年)に発生した台風16号では瀬戸内海に大きな高潮被害を発生させました。内海であることで波が集中してしまいました。
周防灘(すおうなだ)
1942年(昭和17年)の台風により周防灘にも高潮被害が発生しています。九州地方を直撃した台風が、そのまま周防灘に到達するケースが数度ありました。
有明海
九州の西部にある有明海は、台風が直撃しやすい地域です。1985年(昭和60年)の台風13号では大きな高潮被害がありました。
八代海
1999年(平成11年)の台風13号で有明海の南側に位置する八代会も高潮被害を受けました。
九州南部
九州の南部は、台風が通過しやすい地域です。1945年(昭和20年)には、台風18号により高潮被害が発生しました。
離島
島国である日本には数多くの島嶼(大きな島や小さな島)がありますが、それらは台風の影響を受けやすい地域であると言えます。離島を訪れる場合には、そこまでの船舶の運行も含め、十分な警戒が必要です。