ご希望の消防署情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
消防署
トップページへ戻る
トップページへ戻る

消防署情報

高潮の怖さを学ぼう
高潮について学べる施設



全国には高潮など自然災害の恐怖を体験して学習できる施設があります。こうした施設で体験することにより災害の対する正しい知識を身に付けることができ、実際に災害に遭遇してしまった際に、慌てず的確な対処ができるようになるはずです。ここでは、全国にある災害体験ができる施設のうち幾つかをご紹介します。

津波・高潮ステーション(大阪府)

津波・高潮ステーション(大阪府)

歴史上、何度も高潮被害に遭ってきた大阪府には「津波・高潮ステーション」があります。過去に大阪を襲った高潮や、近い将来に大阪を襲うだろうとされている東南海・南海地震などを中心に、災害時はどのようになるか、どんな対応をしたら良いかを体験して学べる施設です。夏休みなどには、子ども向けの実験講座を開講するなどもしており、幅広く災害について学べる環境が整っています。入場は無料です。

津波・高潮ステーションにある高潮関連の資料

津波・高潮ステーションにある高潮関連の資料

大阪が海より低い街であることから始まり、これまでに実際にあった高潮被害や、対策施設として用いられている設備の働きを学習できます。また、地震に関連した資料と展示も充実しており、津波災害体感シアター「ダイナキューブ」では4方向に設置されたスクリーンに大迫力の津波映像などがシアター表示され、津波の恐ろしさを体感して学べます。

東京消防庁 本所防災館(東京都)

東京消防庁 本所防災館(東京都)

消防庁本所には防災館があり、様々な災害を体験できるコーナーが設置されています。設置内容は、1階から順に「地震体験コーナー」「都市型水害コーナー」「煙体験コーナー」「消火体験コーナー」「応急手当体験コーナー」「暴風雨体験コーナー」「防災シアター」となっています。一部コーナーの利用には、一定以上の年齢が求められますが、幅広く都市型の災害を体験することができ、日々の生活に関連付いた防災知識を学べます。なお、無料で利用できますが防災体験ツアーは、インストラクターが案内する形式になっており、最大定員も定められています。混雑時には待つ可能性が高くなるため、事前に電話で予約してから訪れるようにしましょう。

名古屋市港防災センター(愛知県)

名古屋市港防災センター(愛知県)

名古屋市にある港防災センターでは、かつて東海地方を襲った伊勢湾台風に関連した資料を展示している他、地震や台風、煙避難などの体験施設を備えています。中でも実際にあった自然災害、伊勢湾台風接近の様子を3D映像と音響・照明で再現する「伊勢湾台風を知る」は、自然災害の恐怖を分かりやすく教えてくれます。また、阪神淡路大震災の際に活躍した実物のヘリコプターを展示し、試乗やモニター映像で飛行体験ができる他、消防服を着られるコーナーなどもあり様々な楽しみ方ができる内容になっています。また、月に数回はイベントを開催しており、夏休みなどには子ども向けのイベントを開催する他、大人向けには耐震化に関する無料相談会なども行なっています。なお、実際の災害時にはこの防災センターが応急対策活動の拠点になるそうです。