ご希望の消防署情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

消防署

消防署情報

地震情報(緊急地震速報)

地震情報(緊急地震速報)

平成19年10月よりスタートした気象庁の「緊急地震速報」は、地震の揺れを事前にキャッチし、危険や被害を最小限に食い止める効果が期待されています。

「緊急地震速報」とは?

「緊急地震速報」

地震には、P波(初期微動)と呼ばれる小さな揺れのあと、S波(主要動)と呼ばれる大きな揺れが来るという特性があります。

「緊急地震速報」は、このP波をとらえることによって、地震の規模や震源地を予測し、大きな揺れのS波が来る数秒から数十秒前に発表するものです。

速報は、震度5弱以上の地震と予測された場合に発信されます。ただ、速報は揺れの直前のため、震源に近い地域では情報が間に合わなかったり、予測震度に誤差が生じるなど、技術的な限界もあります。

速報はどこで流れるの?

速報はどこで流れるの?

「緊急地震速報」はこれまでも、一部の公共機関、新幹線や鉄道、原発など緊急停止が必要な施設や工場などに対しては発信されていましたが、今回のサービス開始により、一般の人でも、テレビやラジオ、インターネット、携帯電話、施設の館内放送などから、情報を受け取れるようになりました。

また、専用端末を設置したり、パソコンへ表示ソフトをインストールするなどの方法もあり、より身近なサービスとして、広がりつつあります。

速報を見聞きしたら?

「緊急地震速報」は、情報が流れてから揺れが来るまで、数秒から数十秒しかありません。その短い間に、慌てず冷静に、いかに身を守るための行動ができるかがポイントになります。

日頃から、速報を見聞きしたときの行動をシミュレーションしておくと良いでしょう。

家庭

頭を保護し、机の下などに隠れる。火を消す。慌てて外に飛び出さない。

大型施設

係員の指示にしたがって行動する。慌てて走らない。

街中

ブロック塀の倒壊、看板やガラスの落下などに注意。

山や崖付近

落石や崖崩れに注意。

自動車

運転中は、ハザードランプを点け、周りの車に気を付けて、緩やかに減速。大きな揺れを感じたら、道路の左側に停止する。

鉄道やバス

つり革や手すりにしっかりつかまる。

エレベーター

最寄りの階で停止させて、すぐに降りる。

ページ
トップへ
ページトップへ戻る