ご希望の消防署情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

消防署

消防署情報

台風の対策

台風の対策

夏から秋にかけて毎年のように到来する台風。被害を少しでも小さくするために、台風対策の基本をご紹介します。

住まいの台風対策

家の点検・補強

住まいの台風対策

風や雨が強くなる前に外回りを点検し、修理や補強をしておきましょう。

飛ばされそうなものはすべて室内に取込むか、固定するなどの飛散防止をしておきます。駐輪場の自転車なども室内に入れておきましょう。

窓・雨戸・シャッター

雨戸やシャッター、換気口はきっちり閉めておきます。強風が予想される場合は、飛来物などに備えて、雨戸などがない窓ガラスはガムテープで補強したり、外側からベニヤ板でふさぐなどの処置をします。

バルコニー・庭

バルコニーや庭などに出しているゴミ箱・物干し竿・よしずなどは風に飛ばされないようにシートをかけてロープなどで固定するか、家の中に入れます。

鉢植え・子供のおもちゃ・ガーデニング用品なども忘れずに。BSのアンテナなども針金で補強しておきます。

排水口・雨どい

バルコニーの排水口も忘れずに掃除しておきましょう。

急激な降雨の際、排水が悪いとバルコニーに水がたまることもあります。排水口や雨どいにたまっているゴミや落ち葉、土砂などを取り除いておきます。

台風が来る前に

停電に備える

台風が来る前に

暴風雨になると、送電線などが切断されて停電する可能性があります。停電に備えて懐中電灯や携帯ラジオを用意し、決めた場所に置いておきましょう。電池の確認も忘れずに。

携帯電話を充電する

災害時に携帯電話は役立ちます。停電に備えて充電するのを忘れないようにしましょう。

避難場所を確認する

小学校や公共施設など地域で避難場所が決まっています。あらかじめ市区町村のホームページ・広報などで調べ、避難所と避難経路を確認しておきます。

水や非常食を蓄える

断水に備えて1人分1日3L、最低3日分は常備しておきたいものです。また風呂に水をはって、生活用水も用意しておきましょう。非常食として機能性食品、レトルト食品、缶詰などを備えておきましょう。

非常袋を用意する

飲料水・非常食・携帯ラジオ・懐中電灯・携帯電話・現金・軍手・救急セット・タオル・ティッシュ・生理用品・眼鏡・身分証明書・健康保険証・通帳・印鑑・証書類・予備の電池・連絡先のリストなどをリュックにつめます。

ただし欲張りすぎると避難時に支障が生じます。男性で15㎏、女性で10㎏を目安に、できるだけ軽くしましょう。

浸水に備える

浸水などのおそれのある低地では、家具・電化製品・食料品・衣類・寝具などの生活用品をできるだけ高いところに置くか、2階へ移動しておきます。

土のうの作り方

浸水を防ぐ土のうの作り方は、口にヒモがついた土のう袋をホームセンターなどで購入し、袋の約7割程度に土を入れ、口をしばります。

しばる前に運べる重さかどうかを確認します。ヒモは2~3回まわし下から上へ通してしっかり締めます。

台風が来たら

早めに帰宅する

台風が来たら

強風・豪雨の影響で、公共交通機関がストップする場合もあるので、できるだけ早めに帰宅しましょう。また、外出もできるだけ避けるようにしましょう。

地下を避ける

集中豪雨時は都市部の地下街や地下室は浸水する恐れがあるので、注意が必要です。半地下の駐車場などは、出入り口に土のう袋を積んで、水の浸入を防ぎましょう。

台風情報を聞く

台風の威力を間近に感じるようになったなら、緊急体制に入りましょう。

台風や大雨などに関する情報を注意深く聞き、市区町村の災害緊急情報をテレビやインターネットなどでチェックします。懐中電灯などをすぐに出せるようにしておきます。

避難の用意

いつでも避難できるように、非常袋を手元に用意し、就寝時もすぐに避難できる服装に着替えておきましょう。避難時は強風で傘をさすのが危ない場合もあるので、雨ガッパを用意しておきます。

家族で避難する場合、もう一度、避難場所と避難経路を確認し、避難途中にはぐれた場合に備え、連絡方法や集合場所なども決めておきます。

避難時の注意

いつ避難するか?

避難時の注意

避難勧告が発令された場合は、速やかに各市区町村・消防・警察の指示に従い避難指定場所まで避難します。

また、身の危険を感じたときは、発令に関わらず自主的に避難しましょう。できるだけ家族そろって、子供やお年寄り、病人などのいる家庭は早めに避難します。

服装

避難時は動きやすい服装の上に、雨ガッパやアウトドア用の雨具を着用します。

風に飛ばされた看板やかわらでケガをすることがあるので、厚手の帽子やヘルメットをかぶり、頭部を保護しましょう。

はき慣れている運動靴か革靴など底の厚いものを、脱げないようにヒモをしっかりしめてはきます。出水時の避難では、長靴は水が入ってかえって歩きにくいので避けた方がよいでしょう。

歩き方

自動車は使用せず、歩いて避難場所へ向かいます。荷物をリュックなどで背中に背負い、両手が自由に使えるようにします。

足元が見えないことが多いので、溝など深みにはまらないよう慎重に歩きましょう。頭上からの落下物や飛来物にも十分注意し、たれ下がった電線は絶対に触らないようにします。

危険な場所は避ける

雨で増水した小川や側溝は境界が見えにくく、転落の恐れがあるので、遠回りでも避けて通ります。また、裏山なども崖崩れの危険があるので近づかないようにします。

ページ
トップへ
ページトップへ戻る